AEDで助かる確率

AEDによる救命の数

AEDを使用しての救命について

AEDとは、自動体外式除細動器の略称で、心肺停止状態の患者に対して電気ショックを与え、救命するための医療機器です。一般人でも使用が可能で、駅や空港、スポーツ施設等の公共施設に設置されています。また、一般家庭で所有する事も可能です。使用方法は簡単で、電源を入れた後に電極パッドを患者の胸に貼り付けると、AEDが電気ショックが必要か否かを解析します。電気ショックが必要と判断された場合は、スイッチを押すと電気ショックが与えられます。専門的な知識が無くても使用出来ますが、迅速に対処するための講習会なども開かれています。

救命確率を上げている種類

学校やスポーツ施設などで、ギザギザのハートマークのAED機器が設置されているのはよく目にしますが、通常はあまりなじみのないものです。しかしスポーツの最中等、例えば野球のボールが胸に当たった拍子に意識を失って倒れることもあり、この場合心室細動という不整脈を起こしている可能性があります。心室細動を起こすと、1分経過するごとに約10%、救命率が減っていくといわれています。救急車が現場に到着するまでの時間はおよそ6分かかるとされていますので、救急車を待っていたのでは、間に合わない場合もあります。初心者にも分かりやすいよう、AEDの電源を入れると音声説明で使い方をナビゲートしてくれますが、講習会などで救命救急の方法を経験しておくと、いざという時に迅速な対応ができます。

企業でのAED情報

© Copyright AEDを設置する義務. All rights reserved.